のらさん永眠。

 昨晩「のらさん」が亡くなりました。1995年1996年の1月4日に交通事故にあった所を救助してから、13年半12年半程飼っていた猫です。拾った時にもう1歳前後と思われる状態だったので、享年14歳13歳位でしょうか。
※思い出アルバムを作るべく写真資料を整理していて、間違いに気がつきました。

 昨年の終わりから鼾のように呼吸音が大きくなり、消炎剤や抗生物質を飲ませていたものの、4月中頃に喉の辺りがガチガチに固くなってリンパ節も腫れてしまい、喉が狭くなって食欲がなくなって激痩せ。一時リンパ節が小さくなってきて食欲が少し復活したのですが、その後また容態が悪くなり、治らないままこの世を去りました。

 14歳という年齢は人間の年齢に換算すると、諸説あるものの72~86歳程度のようです。まぁ平均寿命程度までは生きたものの、最期が病気でぐったりした状態で、しかもまさか亡くなるとは思わなかったので、「元気が無いから静かにしておいてあげよう」と思って人の居ない部屋に置いておいたら、知らないうちに冷たくなっていて、悲しさ倍増です…。きっと家の中の隠れられる場所でひっそり最期を迎えたかったのかもしれませんが、何とも切ないですね。
 今日は姉も兄も仕事だったので、遺体は私1人で回向院へ預けました。ここには以前飼っていた雄猫「ダヤン」と、私と姉、兄が拾ったけれども助からなかった子猫が2匹お世話になっています。
 ただ、今回行ってびっくりしたのが、火葬料の値上げと遺体安置所の変身っぷり。
 以前の遺体安置所はコンクリート打ちっぱなしにクーラーを設置しただけの物置のような場所でしたが、外観はそのままなのに中がピカピカの黒御影らしき石張りになっていて、入って正面に地蔵菩薩&ペットの入った箱を袋に入れたりする為の作業台(蓮柄エッチングのガラス製)が設置されていました。次の間(遺体を置く所)もやはり石張りで、消毒用の青白いライトのみで薄暗く照らされて妖しげな雰囲気。安置台上のライトボックス部分にも等間隔で何尊も地蔵菩薩がついていて、荘厳というよりちょっと怖い気がします。
 確かに以前の倉庫みたいな所では、大切な家族の一員であるペットを物置に置いてきたみたいでがっかりですが、新しくなったら変に豪華で「ペットビジネス」らしさをひしひしと感じました。…何とも難しいものですね。(´-`)
コメント

ああついに…
13年も一緒だとお別れも辛いですね。
でも、事故でなくしてたかもしれない命。その後13年も家族と一緒に苦労知らずで暮らすことができて幸せだったと思いますよ。

ペットビジネス…(ー''ー;)
でも、表面的には変わっても、お寺で供養してもらえることには変わりないと思います。
次の輪廻ではどんな生が待っているんでしょうね。
また良い縁に恵まれて幸せな一生をおくれますように。

水神さん達、お疲れさまでした。

ああ…

水神さんのお家におじゃました時には、
ちょっとオロオロしながらもおとなしく撫でさせてくれた
のらさんの後ろ脚のなめらかな手触りが大好きでした。

もう会えないと思うと寂しいです。
天国でダヤンに会えたかな。

のらさん、きっと幸せでしたよ

のらさん、水神さんたちに出会えて幸せでしたよ。
どうか元気を出してください。

かくゆううちのトラジロウも去年の12月4日に天国へ旅立ちました。
このことを口で言うとまだ涙出るんですけど、
文章でなら大分だいじょうぶになりました。

うちも最後はごはん食べられなくて。のらさんと同い年くらい、14年目を迎えるところでした。
口に潰瘍ができてしまって水すら痛がってました。苦しんで逝かせてしまったことが何より心残りです。人間より先に逝ってしまうことはわかっているんですけど、その場面に遭遇するとやっぱり悲しいです。あのときもっとこうしてやればよかった!ああしてやればよかった!なんて今更遅い後悔ばかりです。だめな飼い主でした。赤い首輪がトレードマークで、わたしが初めて飼った猫でした。わたしの眉毛とか毛づくろいしてくれたんですよ;
最近は、トラジロウとずっと同じ時間、命を共有することができてわたしはとても幸せだったんだなぁと思い始めるようになりました。彼等から学ぶことのほうが多かったような気がします。思い出がたくさんです。ですからどうか水神さんも元気をだしてください。ありきたりな文言かもしれませんが、のらさんは水神さんと出会って最後も看取ってもらえて幸せでしたよ。ぜったいです。

やっと繋がりました…

夕方に皆様のコメントを拝見して、一旦PCの電源を落として夕食でもと思ったら、食後にいきなりネットに繋げなくなりました…。
最近回線状態が不安定になって2日近く繋げなかった事があるので、またかと思ったのですが、PSPやPS3が繋げているので、悩んだ挙句「システムの復元」をしたら復活。
どうやら半自動で入ったWinXPのアップデートが悪かったようです。おのれマイクロソフト。ヽ(`Д´)ノ

皆様お気遣い有難うございます。

暁さん、いけなみさん、秋寿さん、コメントどうも有り難うございます。
皆さんに返答を書こうと思ったら、また何だか色々こみ上げてしまいました。
事故がきっかけでうちに来て、血尿を出したりなんだりで割と医者にお世話になった子でしたが、野良猫のままだったら13年は生きられなかったでしょうね。
そして私も、13年の間たくさん癒されました。のらさんは夜寝る時に私を敷布団にしたので、私はすっかり腰を傷めてしまいましたが、柔らかいお腹に顔をくっつけると、そっと顔を舐めてくれたりしましたっけ。
生まれ変わるなら、うちよりもっと過保護なお金持ちの家の猫になるんだよ~、と言ってあげたいです。

そして秋寿さん。トラジロウ君も旅立っていたのですか…。よくお話を伺っておりましたが、一度も直接拝見出来なかったのが心残りです。(T-T)
「この馬鹿猫が~!」と言いつつも、やっぱり可愛いんですよね。きっとトラジロウ君も楽しかっただろうと思います。

気持ちが落ち着いたように思っても時々思い出して涙が出ますが、しっかりと覚えて時々思い出す事が何よりの供養になると思うので、もう少し落ち着いたら猫ブログに「のらさんの思い出」を書き綴りたいと思っています。

ちなみに余談ですが、ウチの馬鹿猫(はなさん)は、先日姉のストック布&レースに大量のおしっこをかけて使用不能にしました。
…罰として無理矢理抱っこ&腹もみ?(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |