WindowsXP→7に乗り換えた感想を書いてみる。

 正月早々パソコンが壊れた為にWindowsXPからWindows7に乗り換える羽目になり、早1か月経ちました。
 未だに職場ではWindowsXPを使っていて、世の中的にも「XPが動くうちは乗り換える心算はない」という方も多いと思うのですが(私もそうだし)、実際乗り換えて使ってみたらどんな感じかという話には興味のある方もいらっしゃる事と思いますので、そこそこ使い慣れた所で思った事を書いておこうと思います。

★全体的には、思いのほか普通に使える。
 Windowsは今まで98・Me・XPを自宅で、95・NT・2000を職場で使ったことがありますが、モデルチェンジの度に色々と表示や配置が変わって面倒なんですよね。今回も同じようにメニュー画面や各種設定の方法が変更されていたりして、ちょっとあちこち開いてみたりネットで調べたりする手間がかかる事もありました。
 しかしそれでも一応Windowsのシリーズですので、XPを使い慣れていれば察しはつく程度の変更です。全く違うOSに変える時程の差異はありません。
 Windowsメニューも何だか違和感はありますが、実はXPのクラシックではないメニューとあまり変わらない作りなので、慣れ次第だと思います。


★32bit版なら、ちょっと古い周辺機器やソフトウェアでも意外と使える?
 OSが変わると問題になるのが周辺機器やソフトウェアの対応ですね。新しいものなら大抵対応していますが、古いけどまだ使える機材や、古いけど買い替えたくないソフトが使えなくなる可能性があるのが困った所です。
 うちで使っているプリンタは既に販売終了しているアルプス電気のマイクロドライ(MD-5500)だったりするのですが、これが32bit版なら使えたのが、何よりの収穫でした。あとはマウスとかUSBハブのような細かいもの、外付けHDDは問題なく使えています。
 ソフトウェアに関しても、結構前に買った中国語翻訳ソフト「j・北京パーソナル」とPaint Shop Pro Xが普通に使えて、買い直さずに済んだのが助かりました。両方とも大した金額のものではありませんが、場合によっては上位ソフトでないと対応しなくて、買い替えが高額になる事もありますからねぇ。

 ただしプリンタと同じ頃に買った10年物のスキャナ(CanoScan)が使えなくなったのと、6年位前に買ったMOドライブが使えなさそうな予感。全部買い直しでは無いものの、古くなった機材や使われなくなってきたメディアは買い替えまたは別メディアに移行する方向で考えた方が良いかもしれません。(´-`)


★バックアップが取りやすくなっている。
 今までもシステムのバックアップは取れるようになっていましたが、Windows7ではドライブのイメージをまるごと取る形になっているので、自分で追加したソフトウェアなんかも自動的にバックアップされるのが有難い所。
 しかもファイル1個単位でも復元出来るそうで、前回のバックアップにはあった筈の消しちゃったファイルを復活させるという使い方も可能との事です。…まだお世話になっていないので実感はありませんが、バックアップ用の専用ソフトをわざわざ買わなくて良いのは嬉しいですね。
 ちなみにシステム修復ディスクも、簡単に作成できるようになっています。

★起動は早いが自動ログオンは無い。
 XPの時はパソコンの電源を入れたら数分待たないと使えるようにならなかったのですが、今は電源を入れてからおそらく1分以内で使えるようになります。
 まぁXPだって出た当初は起動が早かったんですが…サービスパックだの何だのを入れているうちに、どんどん重くなっていったんですよね。各種更新プログラムはセキュリティの都合上入れざるを得ませんが、きっとこの先Win7も同じような境遇になると思います。マイクロソフトだし。(-_-;)

 ただ、XPには電源を入れるだけで自動的にログオンしてデスクトップ画面表示までノンストップで進んでくれる機能があったのですが、Win7では無くなってしまったので(無くなったのは多分Vistaからだと思いますが)、途中でいちいちログオンしないといけないのがちょっと面倒ですね。まぁこの問題は「窓の手」で解決できますけど。


★いちいち「権限」の確認が入る。
 以前はプログラムのインストールの際だけAdministratorでログインしている必要があったものの、後はあまり意識する事はありませんでしたが、Windows7はプログラムのインストールは勿論、プログラムの実行や周辺機器の接続まで、いちいち確認画面が入ります。挿すだけで使える筈のUSBマウスにまで権限の確認が出て、びっくりしましたよ。
 まぁ「確認」なだけで、実行したいものが出来なくなる訳ではないのですが、一瞬画面が暗くなって切り替わるので、何かドキッとしますね。面倒だし。


★クイックランチャー消滅、ジャンプリストは微妙。
 以前はタスクバーにあるWindowsマークの隣にクイックランチャーがあって、よく使うソフトを登録しておくとワンクリックで起動出来て便利だったのですが、残念ながら無くなってしまいました。
 で、その代りに「ジャンプリスト」なるものが追加されたのですが、登録の仕方が何か面倒。しかもランチャーではないので、ワンクリックで起動はするもののウィンドウ1個しか起動できず(起動中はタスクバーのボタンに変わり、クリックすると起動中のウィンドウが前面に出たりタクスバーに隠れたりする機能に変わる)、同じものを複数起動させたい場合には使えません。
 1個しか起動しなくてよいタブブラウザやメーラーなら困りませんが、私はよくエクスプローラーを2個開いてファイルの移動を行っていたので、地味に不便です。


★タスクバーを使った重なったウィンドウの選択はちょっと便利。
 デスクトップにウィンドウがいくつか重なってしまうのはよくある事ですが、隠れている画面を出すのにタスクバーのどのボタンをクリックしたらよいのか判らなくなる事があるワタシ。ボタンにはアイコンが表示されてはいますが、同じアプリケーションだと同じアイコンになるし、幅が狭いと開いているものの表示が数文字で切れて、何だか判らなくなる訳です。
Windows 7 のタスクバー選択 Windows 7 のタスクバーから出たサムネイル選択
 しかしWindows7では、タスクバーのボタンにカーソルを合わせると該当画面のサムネイルが出ますし(画像左)、サムネイルにカーソルを合わせると他の画面が透過して該当画面だけが表示される(画像右)ので、何気に便利です。


★ウィンドウサイズの自動調整がちょっと便利。
 ウィンドウの大きさを全画面ではなく、画面の縦または横だけをいっぱいに広げたい時、従来は自分で適当に広げていたのですが、Windows7では画面サイズを端まで広げるとぶつかったような波紋効果が現れ、自動的にぱっと広がってくれます。


★エアロとか透過とかいらない。
 これは完全に好みの問題で、なおかつ7からではなくVistaから実装されたものですが、個人的にはウィンドウのメニュー枠程度の面積が透けたところで、何のメリットも感じません。あとエアロも、そもそもそんなに画面を出す使い方をしないので、全くもって不要ですね。こんな所に使う処理能力があったら別の所に使って欲しいので、使い始めて早々に機能を切りました。


★iTunesはちゃんと動く模様。
 まぁこれはCPUとか他の要因もあるのかもしれませんが、前に使っていたXP機(Pen4)がよく固まる子で、iTunesを起動したら固まり、iPod touchを同期させようとしてUSBケーブルを繋ぐと固まり、アプリに更新があると固まり、同期中にWindowsの外部接続機器画面が出ては固まり、という具合で本当に大変だったのです。固まると本当に何も入力を受け付けない状態になってしまう為、固まる度に強制的に電源を切って再び起動させての繰り返しをしたので、もしかして壊れたのはその所為かしらと思う今日この頃。<壊れたのは電源回りっぽいし。(;´Д`A
 しかしWindows7になってからは、iPodの同期やiTunesの動作に問題は出ていません。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |