スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野風月堂の「東京カステーラ」を食べてみた。

上野風月堂の「東京カステーラ」 今更8月の話になりますが、台湾旅行に行った際に羽田空港を利用したので、行きの空き時間を利用して「江戸小路」という日本らしい感じの土産物屋をぶらぶらしていたら、老舗の食品を売っている店舗に上野風月堂の「東京カステーラ」がありました。
 このお菓子は昔の製法そのままで作った限定復刻商品みたいなもので、たまにテレビで紹介されたりするのですが、どこにでも売っているものではなかった気がします。上野の本店とネットショップ位でしか買えないと思っていたのですが、やはり割と高額(2625円)で物珍しい商品なので、手土産にはいいかもしれません。

 写真はもう開封して切ってありますが、実際は不織布で出来た茶色っぽい風呂敷に包まれた状態で販売されており、風呂敷を開けると写真に写っているレトロな復刻デザインの缶が出てきます。そして中身のカステラは真空パックになっているので、賞味期限は製造日から90日と長持ちです。大きさは、長さはよくあるパウンドケーキ位ありますが、幅は1.5倍位でしょうか。ずっしり大きい感じはありますね。商品の重さが缶を含めて950gらしいので、多分800g位あるかも。

 そして味ですが、色が今のカステラより白く、その分卵の風味は弱いです。普通のカステラとパウンドケーキの中間みたいな感じですが、バニラとかバターの香りはなく、甘さもしつこくなく、割とあっさりしています。
 やはり昔のレシピそのままなので、美味しいものがたくさんある今では物足りない感じもあるとは思いますが、年齢の高い人には懐かしの味かも?決してハズレではないので、話のネタに1度は試してみたい商品です。

公式サイト(上野風月堂・東京カステラ)
http://www.fugetsudo-ueno.co.jp/catalog_kasutera.html
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。