スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプコンの「アスラズラース」が流行らなすぎる件。

 カプコンから「ASURA'S WRATH(アスラズラース)」というゲーム(?)が2月23日に発売されまして、1か月少々が経過いたしました。
 実はワタシは体験版をやった上でサイトの詳細内容を見てなかなか気に入ったので、思い切って「特装版~天~」というカプコン直売の限定版を買ったのですが…。なんとなく予想はついたものの、世の中的にあまりにも盛り上がっていなくて、むしろ特装版を買っておいて良かったなと思いました(爆)。<今後ムックや原画集の類が出ない予感がするから。
 個人的には結構好きなのに、どこの攻略サイトも体験版情報のまま更新を放棄したような状態だったり、最低限の情報しか載らずに掲示板も書き込みがほぼ無い状態で悲しいので、せめてここで独り言を語ってみたいと思います。



 個人的には凄く気に入りながらも、これは好みが分かれまくりだな~と思ったこのゲーム。まずはその理由から語ってみます。
<アスラズラースは流行らないと思った理由>
★そもそも「ゲーム」と呼んで良いのか謎な構成
 PS3とXbox用に発売されて、ちゃんと「操作して敵を倒す」という動作が出来るようになっているので、一応「ゲーム」の形にはなっていますが…。
 1ステージの所要時間がムービーを飛ばさない状態で大体15分前後の所、成績の「タイムスコア」(多分実際の戦闘時間)は3~5分程度(敵と難易度と腕にもよりますが)だったりするので、ステージの2/3程度がムービーとQTEと言っても過言ではない状態。
 ジャンル的には「アクションゲーム」でありながら本題の「アクション」部分が凄く少ないし、1話の構成が30分アニメ番組のように毎回スタッフロールを流しつつ開始、まんなかあたりにCM前後のようなカットが入り、直後にCM後のようにカット前の展開を若干繰り返し、終わると次回予告のようなものを挟むという形なので、「ミニゲームのついた映像作品」という印象を否定できません(狙ってやってるみたいだし)。
 まぁジャンルが「体験型連続活劇アクション」なので、その通りなんですけど。

★やってもやらなくてもいいQTE
 QTE(Quick Time Event)がムービーに挟まる事で、ぼーっと見ているだけでなく一体感を演出しているのは判るのですが。かの「ダイナマイト刑事」のように、入力に成功すると有利な状態、失敗すると不利な状態で次のステージに進むという感じの物なら良いですし、「ライジングザン」のようなボス戦トドメイベントやら漢イベントのような連打も燃えますが、ほとんどの場面のQTEはただ単に戦績の「シンクロニックレート」を稼ぐだけの存在で、成功しようと失敗しようと展開に全く影響がありません
 確かに「失敗したらいきなり死亡」みたいな展開になるのはキツイですが、QTEに気を取られているとムービーを堪能できないし、ムービーを飛ばしたい派にとってはQTEが入っている所為で飛ばせないので、「QTEが入る意義」が戦績以外に欲しかったです。
 ちなみにアスラVSヤシャの所(6話と15話)だけは、QTEに成功すると何度かコマンドが出て、その度にキャラクターも打撃を避ける動作をしますが、失敗するとさっさと殴られて先に進むようです。

★戦闘の目的が「バーストゲージを溜める為」
 通常のアクションゲームでは攻撃する事で敵の体力ゲージを減らし、ステージ内の敵を倒して進む訳ですが、アスラズラースでは個々の敵のゲージは表示されず、敵を攻撃する事で自分の「バーストゲージ」を溜め、一定のステージ毎に「バースト攻撃」(イベントみたいなもの)を出して進みます。
 つまり、ある程度出る敵は決まっているものの、そこにいる敵を全部倒さなくてもゲージさえ溜まれば半強制的に次のステージに行けるようになるので、敵がわんさか出てくるステージでは小物の相手をしていても大物と対決していてもゲージが溜まれば同じこと(バトルポイントの成績は違うと思うけど)。大技を決めた時にはカットインムービーがちょっと爽快ですが、それ以外は地味なので、何だか戦闘が「ゲージを溜める為の作業」に見えてきて面白みに欠ける気もします。
 あとボス戦の時はともかく、雑魚だらけのステージでは敵があとどの程度攻撃すれば倒れるのかが判りにくいです。
 ちなみに一度「バースト」を出すと次の戦闘時にはゲージが体力MAXのバースト0に戻りますが、戦闘中は減った体力の回復は出来ないので、ボス戦や長いステージではちょっと苦労します。

★やりこむ人にやさしくない、不親切メニュー
 アクションゲームを一通りクリアすると、今度は戦績をチェックしてダメだったステージをやり直したくなるもの。「EPISODE MENU」で各ステージの戦績を難易度別に一覧でチェックできて、そのままステージを選択して開始できるのは良かったのですが…難易度は一旦タイトルに戻って「設定」のところで変更しないといけないのは不便すぎです。ステージを選んで「開始」の時に、難易度とゲージも選べたら良かったのに!
 あとプレイ中に死亡した場合、「直前のセーブポイントから開始」(つまり「途中からリトライ」)と「難易度を落として開始」はあるのに「初めから開始」は無いので、初めからやり直したい場合は「タイトルに戻る」→「エピソードメニュー」→話を選んで開始という面倒臭い手順を踏まなければいけません。リトライしたらその分減点されるので、点数を稼ぎたい場合は初めからやり直す方が良いと思うのですがねぇ…。(;´Д`A



 そしてこんなイマイチな事に気づきながらも、このゲームを買って良かった理由はこんな感じです。
<ワタシがアスラズラースを買った理由>
★「北斗の拳」や「魁!男塾」のような熱(苦し)い漢のドラマが大好きだ
 公式サイトのストーリーにほぼ書いてありますが、とにかくムキムキマッチョ兄貴が肉弾戦をくりひろげる展開で、女性キャラはほとんどいません。熱いです。熱苦しいです。そして燃えます(笑)。

★現実世界にはありえない、スケールの大きい話が好きだ
 主人公は「神様」なので、色々人間離れしてますが…しょっぱなから宇宙だし、地球レベルの巨大な敵にほぼ素手で戦いを挑むと言う、無茶苦茶なお話。しかしアニメやゲームが変に現実的ではつまらない訳で、この位壮大にぶっ飛んでる方が清々しいですね。

★アクションゲームは好きだけど下手
 公式にも「ドラマの進行を阻害しにくい様、通常のアクションゲームに比べ、難易度は低めに設定されております。」(スタッフブログ第19話)と明言されている通り、アクションゲームとしてはかなり簡単に出来ているので、NORMALでも割と「俺TUEEEE」気分を味わえます(笑)。
 一応初回特典で減りにくいゲージを貰ったので、それを使ってEASYでやり始めたのですが、確かデウス戦で初めて死にまして、「このゲームって、死ぬことあるんだ!」と驚いた位。(^_^;)

★ボタン連打は燃える
 このゲームはボタンを連打するQTEもありますが、ゲーム中も割とボタン連打でいけてしまうので「連打ゲー」と馬鹿にされているところもあるようです。しかしヘタレゲーマーにとっては、簡単に燃えられてちょっと嬉しくもあったりします。

★アニメやドラマのDVDボックスに比べたら、ゲームソフトは安いと思う
 アニメや特撮なんかのシリーズをDVDで買うと、たった2話程度で6000円位するんですよね…。そう考えると一応完結したシリーズもの1作が6990円っていうのは安いかもと。まぁアニメ等は事前にテレビで放送を見たり録画出来たりする事が多いのが決定的に違いますが、絵柄もストーリーも好みで、映像が物凄いクオリティだったので満足です。
 まぁ真エンドは投げっぱなしでダウンロードコンテンツに続くので、更に700円出さないといけない訳ですが、ヤシャがかっこいいので妥協(笑)。<アニメ絵の11.5話と15.5話は絵が気に入らないので買う気ナシ。



 と言う訳でかなり好みと意見の分かれるゲームとなっておりますが、ゲージを変える事で難易度を上げたり、ヘタレゲーマーがHARDでSランクを取れたりもできます。まぁどちらかというとやはりヘタレ向けなんですが、体験版をやって話が気に入った方なら楽しめるかと思いますよ~。
 …正直、続編はDLC以外無いだろうなと思ってますけどね。(ーー;)

カプコン「アスラズラース」公式サイト:http://www.capcom.co.jp/asura/
アスラズラース 攻略の虎:http://toragame.com/asura/



 ついでにプレイしていて気付いた事のメモを書いておきます。ゲージを「ロストワード」(体力ゲージが短くなる)にした時の難易度はEASYでやってます。

★1話
ゲームを開始したというのに、しょっぱなからタイトル&「Press START」が表示されてびっくり。
開始後シューティングの次に入る一番初めのQTEでL2R2(トリガーボタン)押しが入る。LR2は後にも先にもここだけ。
HARDでも適当にやっていて特に死ぬことはない。

★2話
1話開始時になんだかスタッフロールが出ているなと思ったが、2話目以降も全部開始と同時にスタッフロールがいちいち出てくることに気づいてびっくり。こう毎回だとちょっとウザい気がする。
ちなみにアスラズラースのキャラクターの口の動きは英語版に合わせているので、日本語の台詞と全然違う所でぱくぱく動いていて不自然だが、英語音声にすると何故か空気入りすぎみたいな聞き取りづらい音になっていて、しかもアスラとヤシャとオーガスとカルロの声がほとんど同じに聞こえる。

★3話
チュートリアルを飛ばすといきなり△押しが3連続で入るが、その直前に△押しQTEについての説明画面が入るので、1回目だけは〇を押してから直後に△押しになる。

★4話
開始時にムービーを飛ばすと横カットで左方向歩きから開始だが、飛ばさないと後姿でそのまま前進になる。
HARDだと羅将や大尊の突進(体当たり)攻撃が結構キツく、何気に馬鹿馬鹿しい所で死んでしまったりするので、雑魚は放っておいて時々適当にジャンプや避けを入れつつ大物を攻撃すると良い感じ。

★5話
ワイゼンに指プチされる前のR1↓を間違えてL1↓で入力したら、なんかOKだった。

★6話
ヤシャ戦でバーストしても、逃げられるとQTEにならない。起き上がりが結構速いので、技の硬直を狙って出すといい感じ。いきなり戦闘開始と同時に△押しあり。
ここで出るQTE(レバー入れ)は、成功すると回数が増えるっぽい。

★7話
象が下がった後の突進攻撃は〇だったり△だったりするので、押し間違い易い。両方同時に押せば間違いない。
個人的には「あやしてやれば良いではないか」と赤子ミスラに手をわきわきするヤシャに萌え。(謎)

★8話
ゴリラと追いかけっこで、火の玉をまともに食らうと意外と痛い。ゲージを「ロストワード」にしていると、EASYでも2発食らったら死亡。亀が吐く火の玉も似たような感じ。但しアンリミテッド(L2発動)中はダメージが少なく、当たってよろける事もないのでお勧め。

★9話
「炭になるがよい」セリフの後の甲板戦はミサイル2~4発投げ返しとちょっとした打ち落としでバースト可。シューティングに見せかけて違うので注意(ロックオンできない)。
カルロ戦前の船内戦闘は大尊入道と蓮華座がわらわらいる所までゲージがリセットされなくて辛い。大尊入道の所は右端にいれば水平掃射レーザーは当たらず、とりあえずちょろちょろしている蓮華座を打ち落としてゲージを溜めてバーストすれば終わり。但しHARDだと端にいてもレーザーが当たり、なおかつミサイルが時々落ちてくる。

★10話
初っ端から巨乳美女と温泉でキャッキャウフフ♥。…っていうか、アスラどんだけ乳好きなんだよと突っ込みたい。(;´Д`A
湯女の胸が画面中央あたりにくるように視点を変更し、2~3秒置くと胸がズームインし、トロフィー「男の本能ゆえに」取得。あと左右と崖の上にいる雑魚を見つけると「貴様らも好きだな」、「大いに飲む」コマンドで「大酒豪」も貰える。戦闘もないのにここだけで4つもトロフィーが貰える所に、なんだかこだわりを感じる(笑)。
胸ズームでもゲージは増えるが、何故か「立ち上がる」がなかなかに増える。4回立つだけでバースト。
亀戦は亀の目の前をちょろちょろした方がカウンター攻撃が出やすいかも。あと回転ボディプレス攻撃をやたらと乱発してくる時は、すぐに反撃できるように近距離のままR1回避で逃げるといい感じ。

★11話
オーガス戦。時々出る△押し回避の攻撃をちゃんと入力して、あとはダッシュから3連斬りをちゃんと避ければ結構簡単にクリアできるが、うっかり当たりすぎるとギリギリ惜しい所で死ぬ。

★12話
ゲージをロストワードにしている場合、戦闘は別に苦労は無いが、その後のシューティング2回が結構死ぬ。ゲージが短いので、時々何個も当たってくるミサイル(投げ返しできない)が結構痛くて、数発を3セット程度当たるともう死ぬ。ちなみにリトライするとバトルポイントがどんどん引かれるので、得点は最悪。
ちなみにHARD(ゲージは通常)では意外と大丈夫で、ギリギリ死ななかった。

★13話
操作キャラがヤシャになる。アスラで慣れていると動きが早すぎてビビる。油断していると戦闘で死ぬが、まあ大丈夫。
ちなみに英語音声にすると、ヤシャがダメージを受ける度に、おろしたての靴で〇〇コでも踏んだようなチープな悲壮感溢れる悲鳴を上げるので萎える。(-_-;)

★14話
ここもヤシャパート。しょっぱなから魚が吐くらしい火の玉に当たって死にまくった。( ̄△ ̄|||)
ヒレみたいなのは投げ返せるが、火の玉は避けるしかないらしい。後ろから飛んでくることもあって、画面中央にいないと逃げにくい。雑魚(エイ)に構わず大物(魚)をさっさと打ちまくって倒すようにすると、飛んでくる火の玉が減ってやりやすい。その後のVS象&サイは割と簡単。

★15話
ヤシャパートでVS発狂アスラ。ばら撒きミサイルが痛い。レバー避けは失敗するとアスラに殴られて先に進むが、成功すると避けQTEが2回位追加される模様。

★16話
操作キャラがアスラに戻る。前半の雑魚戦は多いながらも大したことないが、デウス戦は辛い。とりあえず雷を出来るだけ避ける事と、投げてくるヤツを〇か△かを見極めてきちんと受け止める事(〇△同時押しでOK)。あとはヤシャ方面に雷を出している隙に回り込むのと、隅に追い詰める事。あとデウスとの距離が離れすぎていると、折角バーストしても届かずにスカる。
その後のシューティングパートは簡単。

★17話
しょっぱなにいきなり△押しが入る。シューティングパートは問題なし。
デウス戦1回目のアスラパートは特に問題ないが、2戦目のヤシャパートはうかうかしていると上から襲ってくるのが結構痛い。ショットを当てつつ近寄ってくるのを待ち、寄られたらショットを撃ち続けながら少し下がって(ヌンチャクが当たらないように1~2歩下がる)動きを見て、デウスが飛んだら左右どちらかに避けると、接近攻撃が来た場合には避けて反撃できる。遠くから雷を飛ばす攻撃だった場合は、雷の動きを見て避ける。近寄りすぎると△押しで避けるイベントっぽい攻撃がいきなり出るが、凄く避けにくいので注意。
3戦目のアスラパートでは、離れすぎると物凄い勢いで突進してくる攻撃があって、当たるとゲージが半分吹っ飛ぶのに動作が早すぎて避けにくい。カウンター攻撃(「逃がさぬ!」と言ってジグザグに走ってくる)は押すボタンが△しかないし、ちゃんと予告付で簡単なので安心。
ここもデウスとの距離が離れすぎていると、バーストして走っても途中で止まってスカる。

★18話
最終話だというのに、またしょっぱなからタイトル&「Press START」が表示されてびっくり。
シューティングパートは問題なし。
憤帝戦は画面がうるさいので状況が凄く掴みにくいが、憤帝がうつぶせで顔を隠すように倒れている場合(主に左手引っ掻き後)は、攻撃すると浮いて気絶→スペシャルアタックに持ち込める事が多い。
憤帝戦はバーストゲージがたまりにくく、ダウン中を少しでも攻撃してゲージを稼ごうとしてもほとんど増えないので、ダウン攻撃ができるようになったら余計な事はせずにさっさと△ボタンを押した方が早く片付く気がする。
ラスボスだが、実はデウス戦よりは楽かも(笑)。但し戦闘時に距離が離れがちなので、バースト時には近寄ってから出さないと、折角走って行ったのに憤帝の目の前でいきなり止まってスカるので注意。
ヤシャとアスラが「はああぁぁぁっ!」と叫ぶシーンが、英語音声になると「あー(棒)」になっていて萎える。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。