スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立科学博物館のチョコレート展

チョコレート展チケット(クリスマス仕様) 前から気になっていた「チョコレート展」を観に、上野の国立科学博物館に行ってきました。
 丁度クリスマスシーズンだったので、チケットがクリスマス仕様になっていました。緑色のものは事前に貰った割引券で100円引きになったもので、もう一枚は通常の入場券(当日券)です。

チョコレート展入口 入ってすぐの入り口部分です。国立科学博物館を模したらしいですが、よく見ると板チョコで出来ています。
 そしてこの左右にあるのが、下の写真の鯨と機関車。勿論チョコレートで出来ていますが、パールパウダーのようなもので仕上げてあり、不思議な光沢があるのでチョコレートには見えないですね。

チョコレートの鯨 チョコレートの蒸気機関車

チョコレート展内部 板チョコの門を抜けた「ZONE1」です。写真に写っている木はカカオの木の模型ですが、右側のガラスの向こうには本物のカカオの木が展示されていて、本物のカカオの実も触れるように置いてあります。
 この先は古代のチョコレートを飲むのに使った器具や当時の資料などがあるので撮影禁止ですが、会場内は割と撮影OK(フラッシュは不可)の場所が多いです。

チョコレートパッケージ気分 会場のオリジナルグッズ店で自分の写真が入ったオリジナルチョコレート「フォトチョコ」のイメージサンプルが見られるコーナーです。壁にチョコレートのパッケージがあって、その前の台に立つと写真が入る部分に自分の姿が写るようになっています。

海外チョコレートパッケージ展示 展示終盤のチョコレート製品についてのコーナーに、20世紀前半に販売されていたココアやチョコレートのレトロなパッケージが展示されていました。今でも売っているものの昔のパッケージもあって、なかなか面白いですね。

チョコレートのパンダ 最後にまたチョコレートで出来た、パンダやハチ公、恐竜があります。
 展示自体は1時間半もあれば見終わってしまう程度のものなので、それなりに面白いながらも1400円の価値があるのかと言うとやや疑問です。
 ただこの入場料で常設展示も見られますので、それも含めれば充分楽しめて良いと思います。

チョコレートのティラノサウルス チョコレートのトリケラトプス

 展示を見終わった後は、国立科学博物館内レストラン「ムーセイオン」に行ってみました。入って奥の席に案内されたのですが、丁度窓から下の展示室が見えるんですね~。
博物館内レストラン「ムーセイオン」からの眺め・その1 博物館内レストラン「ムーセイオン」からの眺め・その2

チョコレート展限定メニュー 手前がチョコレート展限定メニュー。1日30食限定なのですが、まだ11時半頃だったので残ってました。
 「鶏肉のグラッセチョコレートソース」にパンかご飯、スープ(コンソメスープ玉葱入)、コーヒーか紅茶がついて1300円です。
 鶏肉にチョコレートソースと言うと気持ち悪いと思うかもしれませんが、口に入れた瞬間は甘いミルクチョコレートの香りがするものの、その後はもうトマトが強めのデミグラスソースといった感じに変わるので、意外と普通っぽい味になります。

パンダ来日40周年記念メニュー 奥のこちらは「パンダ来日40周年記念メニュー」だそうです。こちらも1日30食だったのですが、親子連れが多い割には間に合いました。1200円という、庶民には微妙に高い感じの価格だからでしょうか。
 パンダの顔型のオムハヤシに蟹爪のフライとエビフライ、デザートのプチシューが添えてあります。目の部分はじゃがいもをくりぬいた物と海苔、耳はじゃがいものプチコロッケでした。勿論美味しかったです。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。