スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港旅行・1日目

 今年も毎年恒例の香港旅行に行ってきました。ただ旅行代金の高騰と仕事の都合で、延泊出来ず3泊4日(午前発夜帰国)なのが残念でしたが。
 ちなみに今回は結構ギリギリに慌てて荷物詰めをした所為で、入れたと思っていた折り畳み傘が入っていなかったり、旅行会社から届いた書類が丸々入っていなかったりしました…(姉は持っていたので集合場所の確認などに不都合は無し)。昔だったら航空券を貰えなくて旅行に行けなかったかもしれませんが、今時はパスポートさえあれば番号で照会できるので、本当に便利になったものです。(;´Д`A

今回乗ったANA機 今回は珍しく、キャセイパシフィックよりANAの方が安いという逆転現象が起きていたので、ANAを利用しました。9月頃に予約したので、早割か何かあったんでしょうね~。
 席は2-3-2で、なんか凄く空いてました。中央の3席は両端を1人客に使って、真ん中は空席というのが目立ちました。チェックインの手続きは機械でやって、荷物を預けたのですが、待ち時間がほとんど無くて良かったです。
 まぁ出国手続きにはそこそこ行列が出来ていて、荷物検査10分+出国10分程度かかりましたけど。

壊れてるイヤフォン 機内はエコノミーの割には広めに出来ていて、パーソナルモニタにUSB充電サービス(飛行中にモバイル機器を充電出来たらしい)、ビデオオンデマンドにビデオゲーム、音楽などを楽しめるという至れり尽くせりの状態だったのですが…。

 シートポケットに入れてあったイヤフォンに手がぶつかったら「バキッ」という音と共に耳当て部分が割れました( ̄□ ̄;)!!
 びっくりしてよく見たら元々嵌込みの部品で、爪などは折れていなかったので嵌めたら直りました。しかし設計上に問題があるようで、変な音のしなかったもう片方とか、姉のイヤフォンも壊れてましたよ。

行きの機内食・肉豆腐と麦ごはん 行きの機内食・ビビンバ
 機内食は「肉豆腐と麦ご飯」とビビンバの2種類ですが、メインディッシュによってまわりのメニューも違うのが斬新です。「肉豆腐と麦ご飯」には稲庭うどんと薄皮饅頭が、ビビンバにはオクラ添えサーモンと生野菜サラダ、パン、レモン風味のスポンジケーキがついてきました。
 飲物にANAオリジナルの「香るかぼす」を頂きましたが、かぼすがきつ過ぎず、甘酸っぱいが甘過ぎない感じでなかなか美味しいです。
 今回は日本は快晴だったのに、香港は連日雨!しかも降ったり止んだりながら、時々ゲリラ豪雨かと思うような凄い大雨になって大変でしたよ…。(´-`)
 気温も意外と低くて、連日長袖重ね着は勿論、3日目あたりには珍しくフリースの上着必須でした。

 今回の現地旅行会社は今まで何度もお世話になっている所で、とりあえず今まで大きな問題はないのですが、今回の迎えに来た兄さんはちょっと微妙でした。
 普通は迎えに来る人って、なるべく前に出て旅行会社のロゴを持ちつつ客の荷物タグとか年齢性別を見て声を掛けて来るものですし、そうでなくてもある程度目に付く場所で立っているものですが、今回の人は客を見つける気があるのか?と言いたくなるような微妙に外れた所でカートにもたれつつ佇んでいて、なんか迎えに来た人と言うより、迎えを待つ客みたいでした…。
 実は私達のANA便の前に到着している筈のキャセイ便の客6人がまだ来ないので、このまま待ってもらえるかと聞かれたのですが、「友人と待ち合わせしてるから無理!」と即答でお断り。迎えのバスは使わずに、何故か空港内を延々と歩かされて空港に隣接した富豪機場酒店(リーガル・エアポートホテル)のタクシー乗り場まで行って、タクシーでホテルまで送ってもらいました(兄さんはホテルのカウンターまで案内した所で「慣れてるから大丈夫だよね」と言って空港にとんぼ返り)。見つからなかった6人がどうなったのか知りませんが、兄さんが消極的すぎて客が誰一人発見出来なかったのでは…。(ーー;)

洗衣街スタバ外観 初日は雨の中、旺角駅近くの住好啲コラボ店舗のスタバに行ってみました。
 こう遠くから見た感じでは普通のスタバみたいですが、入口を覗くと既に住好啲らしい、レトロ香港風味が溢れています。店舗は2階と3階(現地で言う所の1樓と2樓)にありまして、2階にコーヒーや食べ物が売っているカウンターがあり、3階は席だけです。

洗衣街スタバ入口 洗衣街スタバ階段

洗衣街スタバ2階踊り場 洗衣街スタバ2階踊り場

洗衣街スタバ3階店内 店内は若者でほぼ埋まっていますが、騒いでいる人は1人もいませんでした。写真は3階ですが、レトロポスター風デザインとか映画フィルムを積み上げた感じのテーブルとかがお洒落。

洗衣街スタバ店内 洗衣街スタバ

洗衣街スタバ店内 2階の壁にはレトロ香港風に作られたメニュー等が貼ってあります。
 「星巴克(スターバックス)」とか「歓迎外賣(テイクアウト歓迎)」、「咖啡星冰樂 37(コーヒーフラペチーノ 37ドル)」、「免費上網(インターネット接続無料)」というように、ただのそれっぽい飾りではなくて実際に使える事が書いてあるのが面白いですね。

 ちなみにこの場所への行き方は、緑色の看板に書いてある通り「D3旺角站 在轉右洗衣街 地面轉左直行(旺角駅D3出口から振り返って右に進み、「洗衣街」という通りに着いたら振り返って左にまっすぐ)」です。
 …何で「洗衣街で右折」じゃなくて「洗衣街で振り返って左」なんだろう。(-_-;)


大きな地図で見る

 下記サイトでもこの店舗について紹介してありました。
参考:GIGAZINE「香港らしさを表現したStarbucksと出店ラッシュが続く日系ラーメン店などに行ってみました」
http://gigazine.net/news/20140103-hongkong-foods/
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。