スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北旅行記・1日目

 2年ぶりに台湾に行ってきました。
 最近はよく7~8月頃に行っていたのですが、暑すぎて断念している間に時間ばかりが過ぎてゆき、悠遊卡(台湾版SUICA)に入れたお金が消えてしまう期限が迫ってしまったので(まぁ1500円位ですけど)、いい機会だしここは行かねば!と思い立った次第です。

早朝で閉まりまくりの羽田空港国際ターミナル 今回は羽田空港発・台北松山空港着の中華航空を利用しました。ただ、旅行を申し込んだのが1か月前を切ったあたりだったので既に行きやすい時間のツアーは完売してしまい、やむなく朝7時10分発の便になりました。

 出発が早いとその分早く現地に到着するのは良いのですが、国際便は出発の2時間前に空港に着いていなければいけない訳で、午前5時過ぎに羽田空港に居ないといけない訳です。羽田空港は24時間営業でも、交通手段は残念ながら24時間ではないので、こんな早朝に空港にいるには前泊するか、ちょっと遅刻するけどバスに乗るかしかありません。

 そんな訳で、今回は微妙に遅刻する4:45発(始発)の箱崎発のリムジンバスに乗って行きました。…丁度3月までは箱崎から国際便ターミナル直行だったのに、4月から第1・第2ターミナルにも寄るようになったので、到着が5時20分位になってしまったんですよね~。まぁ大丈夫でしたけど。(;´Д`A

行きの機内食・オムレツ 行きの機内食・和食?

 日本時間午前7時20分頃に離陸して、8時前あたりに機内食が出ました。朝食仕様なので軽い感じですね。そしていかにも冷凍食品な感じが否めない…。(´-`)
 ちなみに内容は、洋食がオムレツとハッシュドポテト、焼いたプチトマトにソーセージ。和食は鰆か何かの照り焼き?とスナップエンドウ、厚焼き卵。共通のレタス・紫玉葱・とうもろこしの生野菜サラダと、果物は缶詰みかん、パイナップル、ぶどう1粒。ブルガリアヨーグルトは苺味でした。

 機内ではビデオオンデマンドサービスがあって、結構色々ゲームやら映画が選べたのですが、なにしろ近距離なので映画は1本しか視られません。タイミングが悪かったり、長い作品だと1本も視られないので、視る心算ならサービス開始と同時にさっさと操作しないといけません。
 今回は前から気になっていた「パシフィック・リム」を視たのですが、なかなか面白かったです。ただ、どうせなら大迫力映像が楽しめる、もっと大きい画面で視たいかも。

台北松山空港 松山空港へは現地時間朝9時30分頃に到着。そこから5分程度で下りられました。4月とは言っても南国なので、ぬわっと暑いです。よく晴れて気温が30度位あるので、この日は特に汗だくでした。
 桃園国際空港と違って小さい空港なので、入国審査に大行列が出来る事も無く、10時頃には入国して、旅行会社の現地係員と合流しました。桃園だとこの段階まで1時間位かかるので、やっぱり松山は便利!ホテルまでの距離も近いし!

 本当はここで両替したかったのですが、バスの車内で出来るからと言われてしなかったら、結局出来なかったです。最近はあんまり土産物屋とかに寄らないみたいですね~。帰りは寄りましたけど。

 そして外国に来たら、まずはSIMですよ!ネットが繋がれば、いつでもどこでも地図も調べ物も出来ますからね。日本国内なら適当に何とかなりますが、やっぱり海外だからこそスマホは便利な訳です。まぁSIMが無いと便利さ半減ですけど。

台湾のお楽しみ・コーヒーパン という事で、ホテル(台北站隣にある「天成大飯店」)のすぐ近くにある中華電信へ…行く前に寄り道。站前地下街の中の屋台で売っているコーヒーパン(NT$30=120円位)を頂きました。日本でも一部似たようなパンを売っている店があるようですが、美味しいのになかなか広まらなくて食べられないんですよね~。このふんわり感とバター&コーヒーの香りがたまらないんですけど♪

 と、パンを満喫している間に、ワタシは気づいてしまいました。SIMを買いに行くと言うのに、重大な忘れ物をしている事に。
 そう。台湾ではSIMを買う時に、パスポートと一緒に何か写真付きの身分証が必要なのですよ。しかし、運転免許証(と言っても身分証代わりに取った原付用…)を日本に置いてきてしまいました。職員証もないし、保険証(写真無いけど)すらありません。( ̄△ ̄|||)

 ダメ元で中華電信に行ってみたのですが、客が5人位いたので待たされた挙句、「IDカード無いならダメ」との事。セブンイレブンにもプリペイドSIMが売っていたのですが、店員に「パスポートだけじゃダメ」と拒否されました。(T-T)
 折角11時頃には自由行動になったので、さっさとSIMカードを買って出かけようと思っていたのに、SIMが買えないままもうすぐ12時。これはヤバいと思っていたら、台湾大哥大の店が12時から開く事に気が付いたので、最後の望みをかけて行ってみました。
 
 買えました!!\(T▽T)/
台湾大哥大の4G回線SIM(ノーマル・マイクロ共用) 台湾大哥大の4G回線SIM(ナノ)

 店に入ったら既に3人位客がいてカウンターが埋まっていたのですが、丁度出てきたお姉さんが受付してくれまして、「パスポートしかないんだけど、SIM買える?!」と片言英語で訊いたら、にこやかに「OK!」と手続きをしてくれました。…台湾大哥大のお姉さんが天使に見えましたよ。(笑)
 本当は3Gの安いカードでも良かったのですが、滞在を5日間(本当は4日間だけど、日数指定のプリペイドは3日か5日になるので5日と言ってみた)と言ったら、NT$500(約2000円)の4GLTEのカードを持って来たので、まあいいやと思ってそのまま購入。旅行中はGoogle MAPもサクサク使えて良かったです。
 ちなみに手続きは、まずパスポートを渡し(コピーを取って返してくれる)、受付用タブレットのカメラで撮影&画面にサイン。あとはお金を払うだけです。
 APNの設定もやってもらえますが、自分で入力する場合はAPNが「internet」、ユーザー名とパスワードは空白です。

台灣大哥大のプリペイドSIMページ:http://www.taiwanmobile.com/mobile/prePay/prepaid.html

台北站前に出来た「添好運」(香港の人気飲茶店) 台湾大哥大の並びで台北車站の向かい当たりに、香港で大人気の飲茶店「添好運」が出来ていました。安くて美味しいので香港でも行列が絶えない店で、以前香港の友人に連れて行って貰った事があります。
 台北でも大行列でびっくり!まぁ日曜日だし、開店したてみたいだったので、こうなるのも判りますけど。(^_^;)

忠孝新生にある「玖伍正宗川味牛肉麵」 「玖伍正宗川味牛肉麵」の牛肉麵など

 台灣といったら牛肉麵!!
 と言う事で個人的にお気に入りの、忠孝新生站近くにある「玖伍正宗川味牛肉麵」に行ってきました。
 今回頂いたのは紅燒牛肉麵(小)NT$120、紅燒半筋半肉牛肉麵(小)NT$160、茹でた野菜(オイスターソースをかけてある)NT$30、小鉢のキャベツ甘酢漬けと胡瓜&人参(各NT$30)です。
 この店の牛肉麵は「清燉」と「紅燒」と「麻辣」の3種類ありますが、「麻辣」だけ食べた事がありません。他2種はどちらも美味しいのですが、清燉は澄んだあっさり系スープなので、個人的にはピリ辛で濃い紅燒の方が好きです。
 具は基本的に牛肉、牛筋、牛雑(モツ)があって、半筋半肉、三合一(牛肉・牛筋・牛モツ)といった選択肢もあります。どれもしっかり煮込んであって美味しいですよ。
 小鉢はガラスケースに何種類か入っているので、勝手に取ります。甘酢漬けは本当に甘酸っぱいだけで、正直ちょっと飽きる味でしたが、胡瓜はニンニク風味が癖になる美味しさでした。
 メニューには牛肉麵以外にも、酸辣湯麵(NT$65)やら涼麵(NT$50)、水餃子等色々あるのですが、牛肉麵を食べたらお腹いっぱいで食べられないのが残念。そのうち色々試してみたい!!

 Google+の玖伍川味牛肉麵ページ:https://plus.google.com/104027444486497299535/about?gl=jp&hl=ja

光華商場の看板娘 牛肉麵の後は、同じ忠孝新生站近くの「光華商場」に寄りました。まぁ今回は特に買う物が無かったのですが、パソコンやパソコンパーツ、スマホのケース、DVD、ゲームソフトとハードなどが売っている店が集まったビルなので、よく秋葉原に例えられます。

 二次元美少女の看板娘がいるあたりも、秋葉原な感じ?(笑)

光華商場に貼ってあった霹靂布袋戲のオンランゲームポスター 台湾には「布袋戲」という、手袋みたいな木偶を使った伝統的な人形劇が昔からありまして、現在ではそれが超進化した、身長80cm位の木偶を操り、特殊効果もバリバリ使った木偶ドラマが結構人気だったりします。
 で、「霹靂布袋戲」を出している「霹靂」という会社は特に色々と手広くやっていまして、ドラマのDVDやグッズだけでなく、ドラマの登場キャラクターを使ったオンラインゲームまで作っているんですね。(もう何年も霹靂布袋戲を視ていないので、一体どんな話になっているのかさっぱり判りませんけど。)

 と言う訳で、光華商場内にも霹靂布袋戲系オンラインゲームのポスターが貼ってあった訳ですが。

霹靂布袋戲のオンランゲームポスター(目にLED仕込み!) 「刀無極」の目が!( ̄□ ̄;)!!
 …きっとスイッチ入れると光る仕様ですよね、コレ。(笑)
 とりあえず光っている所は見ませんでしたが、やっぱり赤く光ったりするのでしょうか。気になる!

 ちなみに左の「羅喉」は、何の仕掛けも無く普通です。

建國假日玉市の入口 この日は暑い中、光華商場から30分位歩いて「建國假日玉市」に行ってきました。高速道路の高架下にある市場で、毎週日曜日だけ営業しています。
 この市場は3ブロックに分かれていて、まずは天然石や香木、小さい骨董品(アクセサリー等)が売っている「玉市」、その次が植木や花、果物、種や苗、植木鉢に庭の装飾用品なんかが売っている「花市」、絵画や書籍、あと何故か手作りバッグとか雑貨も売っている「芸文特区」となっています。
 昔来た時は、入口の看板はこんなお洒落じゃなかったんですけどね~。

台湾の夜市屋台とコンビニで買った食べ物たち 建國假日市の後は一旦ホテルに戻ってチェックインしまして、今度は士林夜市へ行きました。
 しかし!暑いからって冷たい物を飲んだり、アイスとか食べて胃腸が冷えたのでしょうか…。折角「美食街」があるというのに、お腹は空いているのに、臭豆腐の匂い(東京名物・くさや風)を嗅いだら食欲が超激減。食べたいのに食べたくない!(ーー;)
 結局あちこちぶらぶらした後、屋台で地瓜球(薩摩芋を練り込んだ生地を揚げたスナック/NT$30)と胡椒餅(胡椒と葱の効いた肉が入った、皮がフワフワしていない肉まん風の食べ物/NT$45)、今が旬の南国フルーツ「釈迦頭(サワーソップ)」、コンビニの茶葉蛋(中国茶とスパイスで煮た卵)なんかを買ってきて、ホテルの部屋で食べました。
 まぁこれはこれで美味しかったからいいけど、夜市まで行って何やってんだか…(;´Д`A
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。